• ホーム
  • 訴求力の高い画像を活用する

訴求力の高い画像を活用する

サイトのページには必ずと言って良いほど画像が使用されています。
検索エンジンではどのように読み取ってもらいSEO対策を充実させることができるのでしょうか。
画像SEOを確実に行うことで得られるメリットには、主に2つあります。
テキストデータに加えて画像データを利用するのは、ユーザーにとって直感的な認識を可能にすることで利便性を高めたり、ページ内のテキストの理解を深めることを目的にしています。
両者があいまってコンテンツ内容を認識と理解に深く寄与していると判断されるならば、それはクローラーにとっても解析してしかるべき情報と認識されることになります。
テキストだけでは十分に説明できないことでも、直感的な了解を可能にするからです。
テキストと画像の両者の補完しあう関係性は一般ユーザーにとって当然のことであるのと同様、検索エンジンにあっても、両者あいまってコンテンツを理解しようと考えています。
実際にもGoogleでは可能な限り画像に関する多数の情報を取得し、検索順位に反映させるように役立てることに取り組んでいます。

そして画像検索の対象になることも大きなメリットと言えます。
流行のファッションのトレンドや旅先の風景・ユーザーが気になっている新型の家電製品などは、ユーザーの利便性のためにはテキストだけではなく実際の対象物を認識できる状態にあるほうが、価値の高いコンテンツと認識されることになります。
その目的のためには画像検索は詳細な説明だけでは、期待できないほどの訴求力をもち、被リンクなどを増やすことにもつながります。

ところで画像SEOの基本はaltテキスト(alt属性)の記述にあります。
写真やイラスト・図柄などそれが何を指し示しているのかを、対象物を代替するテキストをわかりやすく完結に記述します。
音声ブラウザでの読み上げや非表示設定時のテキスト表示などaltテキストの必要性は非常に高いと言えます。
また画像の周辺にあるテキストは、クローラーが理解するときの手助けになるものです。
文脈上の流れの中で適切な箇所に配置していけば違和感もないので必然性を必要以上に意識するまでもないでしょう。
加えてサイト内のページ内でのリンクを設計するときに置いても、画像とテキストの組み合わせを考えることは重要です。
ここで大事なのはアンカーテキストの活用と言えます。
アンカーテキストを適切に配置することで、クローラーだけでなく一般ユーザーにとっても、リンク先のページを適切に発見することを助けるからです。

関連記事