• ホーム
  • 被リンクがつくことはコンテンツの信頼性の証

被リンクがつくことはコンテンツの信頼性の証

パソコンを使う男性

SEO対策において良いサイトだと評価していることの客観的証明として外部リンクが数多くついていることは一つの有力な目安になります。
検索エンジンの上位表示されるサイトではサイトの質が外部の第三者のユーザーの視点からでも高い評価を受けており、Googleなどのクローラーからもテーマについて関連性が高い関連分野との外部リンクが自然でコンテンツ全体の質が高いと見られていることの現われと見ることができるからです。
特にかねてよりSEO対策で重視されてきたのは被リンクの数と質にあります。
とりわけGoogleなどの代表的な検索エンジンが重視しているのは、自然で良質な被リンクをいかに多くつけるか、リンクポピュラリティの課題にあるのです。
リンクポピュラリティとは、ウエブサイトに集まっている外部リンクのサイトの質と数をもとに判断して、ウエブページの重要度や人気を計る指標にするという考え方のことで、これを検索結果の上位表示などの判断のために実用化されたものが、GoogleのPageRankになります。

例えばユーザーにとって必要性の乏しい情報しか与えないようなウエブサイトはサイト訪問者からの外部リンクを受けることも期待できないでしょう。
反対にサイト訪問者に対象テーマについて関連性が高い情報があふれており、面白いと思わせるコンテンツが豊富であれば、自然と高く評価されて外部リンクを貼って広く紹介を受ける可能性も高くなってきます。
その結果、被リンクがつけられる数も増加し、さらにウエブ訪問者の数の増加にも反映されることになり、ドメインパワーもさらに高くなることが期待されるわけです。
個々にドメインパワーとは文字通り「ドメインの力」のことであって、表現を変えれば検索エンジンからの信頼性のことを意味している訳です。

Googleなどの検索エンジンでは被リンクの数を、そのウエブサイトの人気の度合いを示す有力な指標として認識しています。
被リンクがあつまっているサイトのほうが集まっていないサイトよりもテーマについての関連性の高いコンテンツが充実していると判断し、検索結果にも上位表示させ検索結果の品質の向上に努めているようです。
ただ被リンクの数の重要性が明白とはいってもその質も重要です。
誰からも評価を受けていないサイトからのリンクよりは、外部からの評価も高く人気のあるサイトからのリンクのほうが高評価を受け検索エンジンからの上位表示にもつながります。

関連記事