• ホーム
  • 内部リンクを充実させて自サイトのユーザーの利便性を高める対策

内部リンクを充実させて自サイトのユーザーの利便性を高める対策

色々なSNSアプリ

外部サイトから自サイトへのリンクの重要性は先ほどご紹介したとおりですが、自サイトの内部リンクについてもユーザーにとって利便性を高めたり、回遊性を確保するためには重要です。
内部リンクとはウエブサイト内のページ通しをつなぐリンクのことを指しています。
内部リンクを最適化することでクローラーにとってもサイト訪問者にとっての利便性が高く、関連記事への回遊性も高いと判断されて検索結果にも上位表示される可能性が上がります。
とはいってもリンク網を充実させるだけでは、SEO対策としては不十分でリンクでつながれているページや関連記事などのコンテンツの質も重要になってきます。
これらの点を前提にウエブサイトの内部リンクの充実をはかるための対策を検討してみましょう。

これまでご紹介してきたように、内部リンクを最適化すればGoogleからの高い評価につながり検索結果でも上位に表示されることが期待出来ます。
そこで大切なのはいたずらにリンクを増やすだけに終始するわけではなく、サイト内の高品質なページへのコンテンツのリンクを増やしていくことが、最適化をはかる上で重要になってきます。
その目的を達成するには、サイト構造の見直しも必要になってきます。
関連する外部サイトからの被リンクが多いことがクローラーから高い評価を得ているのと同様にサイト内においてもリンク元と先のページの関連性を重視する必要があります。
それというのもユーザーは前後の文章内容などを元に参照ページへのリンクを踏むと言った行動にでることで、より詳細な情報を追究するものだからです。

そしてユーザーやクローラーの利便性を高めるには、サイトマップやパンくずリストの活用もポイントになります。
サイト内の共通ナビゲーションにはサイトマップやサイドバーなどが用意されています。
サイドバーなどからサイト内部の重要なページへのリンクを貼ることが最適化するためのポイントになります。
ここに重要なページとは内部リンクが豊富なページのことです。

ところでパンくずリストとは、サイト内のページの位置を示すことでユーザーやクローラーがサイト構造をわかりやすく配置するための操作リンクのことを指しています。
パンくずリストを活用する為にはページごとに見合ったカテゴリーを設定してその分類をわかりやすく表示させることが大切です。
このようにパンくずリストやサイドバーなどを巧妙に配置することで利便性や回遊性をたかめることにつながり、検索上位の上位も見込めます。

関連記事