• ホーム
  • モバイル対応が今後のSEO対策では主流になる

モバイル対応が今後のSEO対策では主流になる

パソコンを使用している男性

ここ数年で検索エンジンはPCのブラウザ経由よりもスマートフォンからの検索数のほうが急造する勢いを見せています。
このようなユーザーの検索方法のスタイルの変遷に合わせる形でGoogleでは2015年4月21日に「モバイル(スマートフォン)で見やすいページの評価を上げる」趣旨で新たなアルゴリズムを実装したと言うもので、モバイルファーストインデックスと呼ばれています。
このモバイルファーストインデックスとは具体的に言えば、従来は検索エンジンがパソコンサイトの内容を元にインデックスしてサイトの評価を行っていた手法を一変し、スマートフォンの評価を主軸においてインデックスする手法へと方針転換したと言うものです。
ここにインデックスとは検索エンジンのクローラーがページの内容を読み取って検索エンジンのデータベース上に記録することです。
インデックスされた情報を元にGoogleやYahooなどの検索エンジンでの検索件数などを元に順位の判断などを行っています。
モバイルファーストインデックスのアルゴリズムが適用されたサイトでは、今後はクローラーはスマートフォン対応のサイトを中心に巡回して検索順位の判断などを行うことになる訳です。

ところでGoogleがホームページに対してスマホ対応しているか否かを判定する基準のことをモバイルフレンドリーテストと呼んでいます。
これまではスマートフォンから検索している場合でも、パソコンサイトの情報をもとに判断していましたが、モバイルフレンドリーテスト導入後はスマホサイトを基準に検索順位も判断されることになります。
自社のサイトはモバイルフレンドリーの基準を充たしているかは、Googleが公開している専用のツールで確認することができます。
ただし」このツールではページ単位でしかモバイルフレンドリーを確認することが出来るに過ぎません。
サイト全体で分析したいときにはサーチコンソールを活用しましょう。
サーチコンソールであればページ単位ではなくサイト全体の中から基準を充たしていないページを抽出することも可能です。

Googleがモバイルフレンドリーに大きく方針変換を行ったのは言うまでもなく、スマートフォンを利用する検索数がパソコンからの検索数を上回った事実があります。
スマホサイトのコンテンツが少ない場合は、モバイルファーストインデックス適用によって検索順位が低下する可能性があります。
ホームページのスマホ対応が早急に求められる状況になりつつあるといえます。

関連記事