• ホーム
  • テキストコンテンツよりも上位になりやすい動画コンテンツ

テキストコンテンツよりも上位になりやすい動画コンテンツ

ここ数年の動きの中で顕著な動向と言えるのが、動画を埋め込みしているサイトが急速に増加している事実を指摘することができます。
SEOにおいて、クローラーが対象にするのはテキストコンテンであるため、それ自体はテキストを含まない動画コンテンツを提供することは、検索結果を上位表示させるためにはあまり意義がないようにも思えます。
しかし実際の検索結果上位表示を参照するとYouTubeを中心にした動画コンテンツが並んでいるのがわかります。
一見すると不可思議な現象ですが、SEOを検討するうえでこれはどのような意味を持っているのでしょうか。

実際には動画のSEO効果の高さは実証されており、2010年のアメリカの調査会社の報告によれば、埋め込みされているページは、そうではないページに比較すると約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示されるとされています。
現在でのGoogleの検索エンジンでは動画の内容まで読み取る機能は実装されていません。
したがってGoogleのクローラーが評価対象にしているのは、タイトルや説明文・タグなどのテキスト情報になります。
そこでSEO対策としてはこれらのテキスト情報の内容を充実するなどして品質をあげることがアプローチのひとつになります。
しかしこれらの情報のなかのビッグワードなどを活用しても検索上位表示される豊富なコンテンツを持つサイトに競り勝つことはできず、なかなか検索ページが上位に上がらないことになりそうです。

それではよりベターなアプローチは可能なのでしょうか。
この問題を考える上で有益になるのは、Googleが重視している「ユーザーにとって有益な情報」を提供することが出来ているかという点です。
Googleはユーザーが求める情報を提示するサイトを上位表示させる点では明確です。
いくらSEO対策を立てても、それがユーザーが求めている水準にたっする品質の高い情報を提供することが出来ないかぎり、自社サイトの検索上位表示になかなか上がらないのが現実と言えます。

情報内容を充実させる点では、動画はユーザーにとって訴求力が高いので間接的にはGoogleからも高い評価を受けることが叶といえます。
したがってユーザーが目にしたいと考える検索キーワードで比較すれば動画を含んだコンテンツが上位表示されることになるでしょう。
SEO対策では間接的な影響であっても動画コンテンツの活用は大事といえます。

関連記事