• ホーム
  • コンテンツSEOをGoogleは高価値で有益な情報と評価する

コンテンツSEOをGoogleは高価値で有益な情報と評価する

インターネットとカーソルのアイコン

SEO対策はコンテンツSEOの構築にかかっていると言っても過言ではありません。
なぜならGoogleやYahooなどの代表的な検索エンジンの性能が向上した現在にあっては、クローラー対策だけではなく、ユーザーにとって価値の高い有益な情報が得られるかどうかが、検索結果の上位表示達成のためには重要視されているからです。
それではSEO対策として実践するにはどのような点に注意を払うべきなのでしょうか。
この問題を検討するためにまずはその語義を確認しておきます。

コンテンツSEOとは、ウエブサイトにおいてユーザーにとっての有益なコンテンツを継続的に発信することで検索結果の上位表示を狙って、集客効果を狙う対策全般を意味しています。
基本的にはそれぞれの検索キーワードに対応にしてコンテンツの内容の充実をはかることでアクセス数の増加を目指すことになります。
度重なる検索エンジンのアップデートの結果、アルゴリズムが洗練された今日にあってはブラックハットなどの有効性は大いに疑問視されるようになりました。
短期的に検索上位に食い込むような結果を達成できたところで、いつスパム行為とGoogleなどに認識されて検索結果の下降や排除などのペナルティーをいつ食らうことにあるのか戦々恐々の日々を送らざるを得なくなるからです。

そこでコンテンツSEOを実践するにあたってはホワイトハットの手法を採用することになるのが一般的ですが、キーワードに添ってユーザーが要求しているコンテンツをオリジナル性を確保しながら自作するのは非常に手間がかかります。
しかし検索エンジンでは特定の事象について数多くのコンテンツが提供されており、これまでのスタイルを踏襲したような内容では陳腐化してしまっている可能性が否定できません。
Googleが重要視しているのはユーザーにとって興味を喚起し必要な情報を獲得することが出来て、関連情報にも容易にアクセスできると言う点にあります。
しかしユーザーは最終的にあるサイトに辿りつくまでにはいくつかの検索候補の中からようやくたどり着くことになるので、途中で心理的葛藤なども経験しているはずです。
せっかくサイトを訪問してもらってもユーザーにとって有益と判断されず、検索ページに戻ってしまえば検索順位の下降にもつながりかねないのです。
地味ではあってもオリジナルのコンテンツの数を揃えることが検索順位の上昇も期待出来ます。

関連記事