色々なSNSのロゴ

SEOとはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略称のことでウエブページの検索結果を上位表示させることで集客効果などを狙うために、各サイトが最適化を目指してしのぎを削っている世界と言えます。
あなたが自社のウエブサイトの閲覧者を数多く獲得し、検索結果を上位表示させるためには、意図的に戦略を組み立てる必要があり、検索エンジンのアルゴリズムを考慮したり、不定期に実行されるアップデートなどに対応することに常に注意を払う必要があります。
つまり検索エンジンのアルゴリズムのアップデートや検索結果を自社サイトの設置目的に合致するように最適化することを意図的に実践することがサイト管理者には求められていると考えて間違いないでしょう。
そこでSEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは何か、を基本に戻って改めて検討してみましょう。

SEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索結果の最適化のことを意味しており、ウエブサイトが管理者の意図したとおりに検索結果の上位に位置づけられるようにするための対策全般を指しています。
従来から検索結果の最適化を達成するためのアプローチには、ホワイトハットとブラックハットの代表的な方法が試みられてきました。
ホワイトハットとは、検索エンジンの採用するガイドラインに添って検索結果最適化を試みるアプローチのことです。
これに対してブラックハットとは、検索エンジンのガイドラインの裏をかいた方法を駆使することで検索結果の上位を狙うと言うものです。
代表的なものにはクローラーがウエブサイトを訪れたときに、一般ユーザーが閲覧したものとは異なるページに誘導する「クローキング」や自動作成のテキストコンテンツでキーワードごとの評価を水増しさせる「ワードサラダ」などを挙げることが出来ます。

かつてはこのようなGoogleの思惑の裏をかくようなSEOが半ば公然と行われており、短時間で検索結果の上位にランクインするなどの効果をもたらしていたので多用されていて時代がありました。
ところが現在に至るまでにはアルゴリズムのアップデートが繰り返し行われています。
その結果ブラックハットを採用したアプローチではスパム行為と認定されて検索順位を落とされてしまったり、最悪の場合ではインデックスを削除されてしまって検索エンジンから事実上排除されてしまうことにもつながりかねません。
従って今日においてSEO対策ではホワイトハットの手法を採用し、あくまでコンテンツ内容の充実化にはかるのが合理的と考えられています。

記事一覧
パソコンを使用している男性

ここ数年で検索エンジンはPCのブラウザ経由よりもスマートフォンからの検索数のほうが急造する勢いを見せ...

色々なSNSアプリ

外部サイトから自サイトへのリンクの重要性は先ほどご紹介したとおりですが、自サイトの内部リンクについて...

パソコンを使う男性

SEO対策において良いサイトだと評価していることの客観的証明として外部リンクが数多くついていることは...

インターネットとカーソルのアイコン

SEO対策はコンテンツSEOの構築にかかっていると言っても過言ではありません。 なぜならGoogle...